復縁工作の成功率の決め方

  • 0

復縁工作の成功率の決め方

Category : seikouritu

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 復縁工作の成功率の決め方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
復縁工作の成功率の決め方復縁工作レイクウッド

復縁工作の依頼を決断する前に、どうしても気になるのが成功率です。とあるところでは50%以上という声もあれば、普通は2~3割しか成功しないと言われるなど、あまりはっきりとしません。なぜこんなにも成功率が安定しないのか、それは案件によって全然違うからです。そもそも、復縁屋は成功率をどのように決めているのでしょうか。

<依頼者の希望が叶えられれば成功>
復縁というと、一般的には別れた相手と再びお付き合いをすることとなります。だから、依頼する人は、別れた相手がいて、その相手とよりを戻したいと希望されていることになります。復縁屋がやることは、相手を調査し、依頼人と復縁するように仕向けることです。その結果、よりが戻れば成功になり、契約期間中にそれが叶わなければ失敗となります。ただ中には、絶縁状態となっている人と、再び交流できるようにしたいというものもあります。付き合うという形にまでならなくても、会って話せるようになればよい、という方もいらっしゃるのです。その人にとっては、再び縁ができれば成功となるということです。人によってそれぞれ、成功という言葉の定義が異なるものですが、共通しているのは、その希望が叶えられたかどうかです。希望が叶えば、どんな形であっても成功と定義付けしているとことが多いのです。

<難易度で成功率が決まる>
復縁屋は、依頼を受けてから調査をし、そこから成功率は何パーセントぐらいかを決めます。最も大きな要素はその復縁の難易度です。例えば、ターゲットに特定の相手がおらず、寂しそうな様子であれば、難易度は低く、逆にすでに相手がいて充実している様子なら、かなり高い難易度になります。とある復縁屋は、難易度を何段階かで決め、その難易度によって費用が変わります。成功報酬に関しても、難易度が高いほどに、高額になる傾向にあります。自分の依頼内容がどのぐらいの難しさなのかによって、成功率は変わっていきます。そして、費用もまたそれに応じて変動していくというわけです。ちょっと変わった業界だから、成功率のような数値ははっきりとしません。あまり深く参考にしない方がよいかもしれませんね。